MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

まとメシ編集部のページ

表示順:
明治から受け継がれる店の伝統は、とにかく質のいいうなぎを使うこと。上物をいかにたくさん継ぎ足しのタレにくぐらせるか。
更新: 2019-07-27 12:00:00
浜松産「活うなぎ」を使用。一番人気の「上うな丼」をはじめ、刺身や煮付け、焼魚といった魚料理までメニューが豊富に揃う。
更新: 2019-07-26 12:00:00
あなごといえば甘いタレの丼飯が定番でしょうか!煮ても焼いても揚げてもおいしく、濃厚な味が特徴のお魚です。切り身を購入して自宅で食べる人も多いため、料理レシピも充実していますが、ここでは外食でアナゴを食べるなら外せない人気店をご紹介します!
更新: 2019-07-26 11:22:52
ガラガラッとガラス戸を開けて入ると、開放的なレイアウトでテーブル席と畳の座敷席。敷居は高くないが、老舗らしい空気感。
更新: 2019-07-26 10:14:01
壁に並ぶメニューには餃子、餃子、餃子の文字。大根に冬瓜、春菊にニラ玉でしょ、季節物も入れて計11種。
更新: 2019-07-24 12:00:00
お重の蓋を開けた瞬間、この蒲焼きにひと目惚れした。明治42年の創業から受け継ぐタレを3度まとわせ、紀州備長炭で炙った身は、まるでキャラメリゼしたかのようなテリとツヤを持つ。
更新: 2019-07-26 10:02:32
 「担々麺は食事の最後に食べていただくので、できる限りシンプルを心掛けています」と店主の中村さん。化学調味料などを一切使わない中村さんの中華料理は、味に奥行きを持たせるために発酵調味料を駆使する。
更新: 2019-07-22 12:00:00
作り手から直接買い付けた紅茶に特化し、紅茶の普及に貢献してきた「ジークレフ」。だからこそ「他にはない紅茶スイーツを提案したい」と、喫茶オープン時から新メニューの開発に取り組んできた。
更新: 2019-08-19 11:21:25
うなぎは地下水で2日間生かした張りの良いもの、米は精米したての香り豊かなもの、熱々を提供するためタレは湯煎で温めてご飯にかけるなど、短い文章では到底書き切れない店の姿勢はこのうな重を食せばわかるはず。昭和12年に創業した八王子の本店は信頼する職人に任せ、2年前に出店した吉祥寺店を切り盛りするのが日本料理店でも修業した3代目だ。
更新: 2019-07-26 10:05:32
約30年間営業を続けた老舗が幕を下ろし、若き店主・島田さんが昨年同じ屋号で再スタートを切った。うなぎは地焼きの関西風と、蒸しの入った関東風のどちらも味わえるのがこの店ならでは。
更新: 2019-07-26 10:03:56
先頭 1 2 3 4 5 6 7 最後
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt