記事総数:21  総PV数:15877

公開済みのグルメ記事


撮り鉄の「食」の思い出(21) 春近く、秋田でハイテクローカル線とサクラマス三昧!/2018年

撮り鉄の「食」の思い出(21) 春近く、秋田でハイテクローカル線とサクラマス三昧!/2018年

秋田県の鉄道の話題のひとつに「アキュム」があります。 架線のないローカル線を走る車両ですが、駅などで充電をして走る電車です。 このアキュム撮影後、スーパーで買ったサクラマスを堪能しました……。


撮り鉄の「食」の思い出(20) 冬の秋田新幹線で、雪の中を走るE6系と……ジャンボうさぎ……鍋/2018年

撮り鉄の「食」の思い出(20) 冬の秋田新幹線で、雪の中を走るE6系と……ジャンボうさぎ……鍋/2018年

2017〜2018シーズンの雪はすごかった! というわけで、雪の中を疾走する赤い新幹線こまちを撮影しに秋田県の中仙市を訪れました。待っていたのは、ジャンボうさぎ。そしてて、うさぎの肉……どうでしょう……?


撮り鉄の「食」の思い出(19) ミレニアムなローカル線、SL人吉の肥薩線で駅弁三昧(到着編)/2009年~2017年

撮り鉄の「食」の思い出(19) ミレニアムなローカル線、SL人吉の肥薩線で駅弁三昧(到着編)/2009年~2017年

大正時代に生まれた機関車に牽かれたSL人吉。終点の人吉駅でホームに降りると、まず出迎えてくれるのが、今では全国でも数えるほどしかない駅弁の立ち売りです。「あゆずし~~っ! くりめし~~っ!」の声で駅弁を売る菖蒲さんは鉄道ファンや旅好きのなかでは、かなりの有名人です。


撮り鉄の「食」の思い出(18)ミレニアムなローカル線、肥薩線で駅弁三昧(出発編)/2009年~2017年

撮り鉄の「食」の思い出(18)ミレニアムなローカル線、肥薩線で駅弁三昧(出発編)/2009年~2017年

歴史ロマンを求めて旅をするならば、100年を越える駅舎や鉄橋、大正時代のSLまで残っている肥薩線がイチバン。普通の本線ならば、時代の移り変わりで駅舎などもどんどん変わってゆくものですが、この路線は鹿児島本線が新路線に切り替わりローカル線となったために、まるでタイムカプセルのようです……。


撮り鉄の「食」の思い出(17) 『SLやまぐち号』津和野、知らなかった日本三大芋煮?/2017年

撮り鉄の「食」の思い出(17) 『SLやまぐち号』津和野、知らなかった日本三大芋煮?/2017年

1979年から走り始めたSLやまぐち号、2017年から客車も3代目の新型車量になりました。先代のレトロ調を引き継いだデザインで、車内も懐かしい感じになっています。この、蒸気機関車保存運転の草分け的なSLやまぐち号、終点の津和野駅を降りると日本3大芋煮の文字が……。さっそく車内食で挑戦してみました。


撮り鉄の「食」の思い出(16) SLやまぐち号と、津和野駅近くで食べるさくさくの「源氏巻」/1979年~2017年

撮り鉄の「食」の思い出(16) SLやまぐち号と、津和野駅近くで食べるさくさくの「源氏巻」/1979年~2017年

2019年には、走り始めて40年というSLやまぐち号。SLやまぐち号が走るのは、その名の通りほとんどが山口県。しかし停車駅のうち終点の津和野駅だけが島根県に入ります。この津和野駅に行ったとき、SL運転日にしか食べられない、さくさくの「源氏巻」を楽しみに、必ず寄る和菓子屋さんがあります……。


 撮り鉄の「食」の思い出(15) 限界ローカル線・札沼線の犬駅長と「めはりずし」 2016年/2017年 撮影

撮り鉄の「食」の思い出(15) 限界ローカル線・札沼線の犬駅長と「めはりずし」 2016年/2017年 撮影

北海道に札沼線(さっしょうせん)は1日1本しか列車の来ない、始発列車が終列車。この札沼線新十津川駅では駅長犬LALAが鉄道ファンをあたたかく迎え、駅近くで食べためはり寿司には、奈良県十津川町との絆がありました。 2018年は戌年ということもあって、今年の最初は犬駅長の話題から始めましょう……。


撮り鉄の「食」の思い出(14) 江ノ電・鎌倉編 江ノ電「355」と絶品うな重/2013年撮影

撮り鉄の「食」の思い出(14) 江ノ電・鎌倉編 江ノ電「355」と絶品うな重/2013年撮影

映画「DESTINY鎌倉ものがたり」に出てくる現役の江ノ電「355」は、鉄道ファンに人気の車両です。この車両に乗って出かけた鎌倉、ちょっと頑張って絶品うな重に舌鼓をうってきました……。


撮り鉄の「食」の思い出(13) 江ノ電・江ノ島編 タンコロ列車の思い出と絶品しらす丼 1980年/2013年撮影

撮り鉄の「食」の思い出(13) 江ノ電・江ノ島編 タンコロ列車の思い出と絶品しらす丼 1980年/2013年撮影

映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』を初日に観てきました。 懐かしい鉄道風景と、江ノ島の味のお話です。 予告編でも出てくる1両編成の車両がなつかしくて、なつかしくて……。 そんなわけで今回は、江ノ電としらす丼のお話です。


撮り鉄の「食」の思い出(12) 晩秋の長崎本線・強烈! ムツゴロウ&ワラスボ編 P.S.ちゃんぽん/2017年

撮り鉄の「食」の思い出(12) 晩秋の長崎本線・強烈! ムツゴロウ&ワラスボ編 P.S.ちゃんぽん/2017年

11月中旬、青い有明海とミカンの風景を求めて訪れた長崎本線。有明海といえば、干満の差が大きく、広大な干潟が現れることで有名です。前回の竹崎カニとカキに続いて、今回は干潟の珍味に挑戦してみました。


撮り鉄の「食」の思い出(11) 晩秋の長崎本線・883系特急かもめと、竹崎カニ&カキ編/2017年撮影

撮り鉄の「食」の思い出(11) 晩秋の長崎本線・883系特急かもめと、竹崎カニ&カキ編/2017年撮影

11月中旬、晩秋の長崎本線を訪ねました。今回の撮影目的はふたつ。  ひとつは、有明海沿岸の丘陵に広がるミカン畑と列車の撮影です。 もうひとつは、青い有明海と列車の撮影。長崎本線を走る特急列車は「かもめ」、やはり海をイメージした愛称です……。


撮り鉄の「食」の思い出(10) ツルの町で「いずみステーキ親子ごはん」(肥薩おれんじ鉄道・九州新幹線)/2015年撮影

撮り鉄の「食」の思い出(10) ツルの町で「いずみステーキ親子ごはん」(肥薩おれんじ鉄道・九州新幹線)/2015年撮影

1万羽を越えるツルの飛来地として有名な鹿児島県の出水(いずみ)。ここの名物料理が「いずみステーキ親子ごはん」。もちろんツル料理ではなくて、地元名産の鶏を使っています。美味しい料理を食るなら、せっかくだから、乗る列車を選んで出かけましょう……!


撮り鉄の「食」の思い出(9) 朝うどんは瀬戸大橋・快速マリンライナーのグリーン車に乗って/2010年撮影

撮り鉄の「食」の思い出(9) 朝うどんは瀬戸大橋・快速マリンライナーのグリーン車に乗って/2010年撮影

中国地方を放浪しているときに、瀬戸大橋の本州側の町“児島”へ朝早くに訪れることがあります。目的は寝台特急“サンライズ”の撮影です。目的の列車を見送ったある日、瀬戸内海を見れば四国らしき姿(島か四国か区別がつきづらいので)が見えています。「あっ、四国だ」と思ったら無性にうどんが食べたくなりました……。


撮り鉄の「食」の思い出(8) 北海道・ちほく鉄道 足寄駅跡近く、超希少「ヒツジ堂」の国産ヒツジチーズ/1990年撮影

撮り鉄の「食」の思い出(8) 北海道・ちほく鉄道 足寄駅跡近く、超希少「ヒツジ堂」の国産ヒツジチーズ/1990年撮影

前回に続き、北海道ちほく鉄道足寄駅跡近くの石田めん羊牧場と直営のレストラン「ヒツジ堂」のお話。 最近この牧場で作り始めた、日本では作っているところが数件といわれる希少な羊乳チーズとは……。


撮り鉄の「食」の思い出(7) 日本一の町、「ふるさと銀河線足寄駅跡」前で、驚きのヒツジ料理が味わえる「ヒツジ堂」/1989年

撮り鉄の「食」の思い出(7) 日本一の町、「ふるさと銀河線足寄駅跡」前で、驚きのヒツジ料理が味わえる「ヒツジ堂」/1989年

松山千春さんが「人口よりもウシの多い町」と言う足寄は、日本一「面積の広い町」。残念なことに、廃線になってしまった足寄駅跡は、今では道の駅になっていて、その目の前に私のとっておきのレストラン、「ヒツジ堂」があります……。


撮り鉄の「食」の思い出(6) 「シカ肉スープカレー」道北の石北本線(の近く)で、ジビエの車内食/2017年撮影

撮り鉄の「食」の思い出(6) 「シカ肉スープカレー」道北の石北本線(の近く)で、ジビエの車内食/2017年撮影

 今回は、旭川駅(正確には新旭川駅)と網走駅を結ぶ石北本線(せきほくほんせん)に撮影に来ました。目的は今年4月のダイヤ改正で走り始めた特急大雪。でも天候がイマイチで、列車の撮影を早めに切り上げてゆっくりと車内調理。食材はジビエの鹿肉です……。


撮り鉄の「食」の思い出(5) 信越本線 碓氷峠 急勾配の碓氷峠と「峠の釜めし」/1983年撮影

撮り鉄の「食」の思い出(5) 信越本線 碓氷峠 急勾配の碓氷峠と「峠の釜めし」/1983年撮影

 1997年まで運転していた信越本線の碓氷峠、麓の駅のホームで買った釜飯の話です  うまいですよねぇ。「おぎのや峠の釜めし」。鶏の炊き込みご飯、ごぼう、シイタケ、鶉のタマゴ……それにグリーンピースとあんず。ほんとうに絶妙のバランスです……。


撮り鉄の「食」の思い出(4) 注目のグルメ列車「西武旅するレストラン52席の至福」/2017年夏メニュー

撮り鉄の「食」の思い出(4) 注目のグルメ列車「西武旅するレストラン52席の至福」/2017年夏メニュー

全国で数多く走り始めたグルメ列車。そのなかで、もっとも都心に近い場所から走り始めるのが「西武 旅するレストラン『52席の至福』」。その名の通り最大定員は52名。4両ある車両のうち1両はキッチンカーで、2両が客室、1両はイベントスペースという、ゆったりとした作りになっています……。


撮り鉄の「食」の思い出(3) 会津鉄道、人気の駅長ネコとソースカツ丼の旅/2017年撮影

撮り鉄の「食」の思い出(3) 会津鉄道、人気の駅長ネコとソースカツ丼の旅/2017年撮影

会津鉄道の名物は「芦ノ牧温泉駅」の駅長ネコ、2代目駅長ネコになった「ラブ」長毛で愛くるしい姿で乗客を見送っています。そして、今回の旅の目的のひとつは「牛乳屋食堂のソースカツ丼」です……。


撮り鉄の「食」の思い出(2) ダイナープレヤデスふたたび(トワイライトエクスプレス瑞風 始動)/2017年撮影

撮り鉄の「食」の思い出(2) ダイナープレヤデスふたたび(トワイライトエクスプレス瑞風 始動)/2017年撮影

2015年3月に大阪~札幌間の運転を終了したトワイライトエクスプレス、その伝統を引き継いで、まったく新しいトワイライトエクスプレス瑞風が帰ってきました。2017年6月17日に運転を開始しました。


ランキング


>>総合人気ランキング