MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

早稲田グルメ

早稲田グルメのグルメ記事一覧

表示順:
早稲田『ワセカツ!奏す庵』|店名の“ワセカツ!”とは、薄いカツを特製のソースに浸したカツ丼のこと。早稲田の地で生まれたことと、早く揚がるという趣旨の“早生”の両方をかけた名だという。
更新: 2018-12-16 12:00:00
早稲田エリアのそば屋「手打ち蕎麦 汐見」のおすすめメニューのグルメ記事と写真のページ。石臼挽き自家製粉の手打ち蕎麦と、四季の移ろいを感じる日本料理。どちらかひとつでも手間暇かかるはずなのに、その両方を極めた店主の味をコースで満喫できるとは何ともありがたい。[交通アクセス]地下鉄東西線早稲田駅1番出口から徒歩8分
更新: 2018-09-24 12:36:33
たっぷり入った食感の良いキャベツと柔らかい豚肉は豆鼓醤、甜麺醤の風味がしっかりと利いている。ご飯、点心、スープ、デザートが付くランチがオススメだ。
更新: 2018-04-09 07:00:00
早稲田エリアの焼き鳥店「焼鳥 きなり」のおすすめメニューのグルメ取材記事と写真のページ。早稲田駅から徒歩1分という好立地に2017年1月開店。白檀の香りに誘われて階段を降りると、木目を生かした雅やかな大人の空間が広がる。
更新: 2018-09-27 15:43:40
早稲田エリアにある焼き鳥屋「焼鳥 はちまん」のグルメ記事と写真のページ。の店主の安井さん曰く、「焼き鳥の美味しさは焼き方で決まる」。紀州産の備長炭を用いて強火で一気に焼くと旨みを残したまま焼くことができる。[アクセス]早稲田駅3b出口から徒歩7分
更新: 2018-09-22 09:27:39
東京でかつ丼といえば卵でとじたものが一般的。でも、そもそもかつを卵でとじたのはナゼ? いつ生まれた? その答えは早稲田にあった。
更新: 2017-12-20 15:47:53
初代の曽祖父がカレー南蛮を作り始めたのは、明治37年頃。その当時から鰹節、千住産の長ネギ、ヒゲタの醤油などは、ずっと同じ問屋から仕入れている。
更新: 2018-11-27 16:33:10
清流若どり、比内地鶏、吉備黄金鶏の旨みが詰まった鶏100%のスープで楽しむ贅沢な一杯。らぁ麺 やまぐち[交]西早稲田駅2番出口から徒歩6分、高田馬場駅より徒歩11分、早稲田駅(2番出口)より徒歩10分 ※ランチタイム有
更新: 2017-12-20 15:48:15
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt